遠藤 周作 人生 の 踏み絵

遠藤 周作 人生 の 踏み絵

遠藤 周作 人生 の 踏み絵



人生にも、日常生活にも、どんな時代にも〈踏絵〉はある。その踏絵を踏んでしまう人間はたくさんいるだろう。けれど、そんな弱い人間にこそ、神は忍び寄り、語りかけてくるのだから――。ハリウッドで映画化された不朽の傑作『沈黙』の創

もっと、人生を強く抱きしめなさい――。私たち一人ひとりが、それぞれの〈踏絵〉を持って生きている。キリスト教禁教の時代に踏絵に足をかけ、誰に語られることもなく歴史の中へ葬り去られた弱き人々に声を与え、その存在を甦らせた不朽

Amazonで周作, 遠藤の人生の踏絵 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。周作, 遠藤作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また人生の踏絵 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送 …

遠藤周作[エンドウシュウサク] 1923‐1996。東京生れ。幼年期を旧満州大連で過ごし、神戸に帰国後、11歳でカトリックの洗礼を受ける。慶応大学仏文科卒。フランス留学を経て、1955(昭和30)年「白い人」で芥川賞を受賞。

『人生の踏絵』 著者 遠藤 周作 [著] 出版社 新潮社 ジャンル 文学/日本文学、評論、随筆、その他 isbn 9784103035237 発売日

 · 遠藤周作『人生の踏絵』(新潮社)、星野博美『みんな彗星を見ていた-私的キリシタン探訪記』(文藝春秋)、米田彰夫『寅さんとイエス』(筑摩書房) 遠くて近いキリスト教スコセッシ監督の映画「沈黙」をみて、原作を久しぶりに読み返した私。さらに原作の著者である遠藤周作の講演録<1 ...

遠藤さんの『人生の踏み絵』に自殺に関する叙述があった。 最近読んだ『名画と読むイエス・キリストの物語』の中の主の受難と重なり、ぐうの音も出なかった。 『人生の踏み絵』新潮文庫. p108~

本日はお日柄もよく 散歩でもしたら気分は上々なところを スタバDEnote。 今日も読書感想文なのですが 本日は特別な一冊。 私の人生を変えた本を 紹介したいと思います。 遠藤周作 『人生の踏み絵』 新潮社 まず、この本との出会いを 私はもうすぐ3年になりますが 大病をいたしまして。

『遠藤周作文学全集』〈全15巻〉(1999-2000年、新潮社) 『十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。』(2006年、海竜社)のち新潮文庫 『遠藤周作短篇名作選』講談社文芸文庫 2012 『人生の踏絵』新潮社 2017

遠藤周作より。 「仕事や名声や社会的地位はその人にとって人生ではなく、生活の領域に属す る。 しかし、我々は、生活だけで生きているものではない。 我々には…

遠藤 周作 人生 の 踏み絵 ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 人生 の 踏み絵

Read more about 遠藤 周作 人生 の 踏み絵.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
Nothing is as hard to do as getting off your high horse.
Guest

Most of us know how to say nothing, but few of us know when.

Guest
The right to do something does not mean that doing it is right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu