遠藤 周作 人柄

遠藤 周作 人柄

遠藤 周作 人柄



清水正の遠藤周作論(2)「『深い河』と遠藤周作の人柄」 2004年8月19日 清水 正 わたしは『沈黙』論と『真昼の悪魔』論を書きおえてから『深い河』を読んだ。

『沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説。1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。 江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。 。第2回谷崎潤一郎賞受賞

遠藤周作氏の生前にTV等で風貌話し方で人柄の印象を見受けたぐらいで、氏の文学は読んだ事はないのですが、タイトルに魅せられて購入しましたが、エッセー流?で気楽に読めました。含蓄ある言葉があちこちに、とても参考になりました。

2014年7月号記事 公開霊言抜粋レポート 狐狸庵先生・遠藤周作が語る信仰とユーモア 「遠藤周作の霊界談義 ─新・狐狸庵閑話─」 4月22日 幸福の科学教祖殿 大悟館 「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」

遠藤周作氏との貴重な思い出、いかにも“狐狸庵先生”の優しいお人柄が偲ばれるエピソードですね。 私は遠藤氏の『切支丹の里』(人文書院・1971年)という作品を愛読しています。

遠藤周作といえば、1955年に「白い人」で芥川賞を受賞した作家です。 この本はエッセイなのですが、遠藤周作の人柄がにじみ出た、何とも優しい語り口に癒されます。

フジテレビの新社長に、芥川賞作家・遠藤周作さん(故人)の長男・遠藤龍之介専務(63歳)が就任することが分かりました。6月末に開かれる株主総会で正式に決まります。新社長の嫁や家族、出身校、父・周作さんとのエピソードをリサーチしました。

 · 7月7日放送の「ボクらの時代」はゲストとして、阿川弘之氏の娘・阿川佐和子さん、檀一雄氏の娘・檀ふみさん、そして、フジテレビ新社長に就任した遠藤周作氏の息子・遠藤龍之介さんが登場。有名作家を父に持つが故の破天荒エピソードが話題になりました。

 · 沈黙(遠藤周作) 沈黙することに何の意味があるのか? 又吉さんが沈黙について書かれていて驚きました。又吉さんもクリスチャン家庭で育ったんですね。 「夜を乗り越える」の中で、宗教や神についてずっと考えていたと書かれてあります。

遠藤周作さんとは面識はないが、一度だけ、後輩の結婚披露宴に彼と同席したことがある。あれは30年余り前だったか、後輩の女子アナ・nさんがa新聞の記者と結婚した時だった。遠藤さんは新婦側の主賓で出席していたが、やがて挨拶の番がやってきた。

遠藤 周作 人柄 ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 人柄

Read more about 遠藤 周作 人柄.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Contentment is contagious.
Guest

Be cautious--Opportunity does the knocking for temptation too.

Guest
The best attitude to have it gratitude.
Calendar
MoTuWeThFrStSu