谷崎 潤一郎 秘密 女 の 正体

谷崎 潤一郎 秘密 女 の 正体

谷崎 潤一郎 秘密 女 の 正体



『秘密』(ひみつ)は、谷崎潤一郎の短編小説。普通の刺戟に飽いてしまった男が美しく女装して町に繰り出したり、再会した昔の女の秘密の住居に目隠しをしたままで赴いたりする物語。. 1911年(明治44年)11月、『中央公論』に掲載された 。 初収録は同年12月に籾山書店より刊行の『刺青』

<新しい女>像と谷崎潤一郎「秘密」 張 栄順 文学研究論集 (19), 92-114, 2001-03-31

女の正体がつかめると男は思いが冷め、 すぐさま女を捨てる。 それでおしまいです。 ここに若かりし日の谷崎の女性観が 正直に表れているといえます。 女は謎に包まれているからこそ魅力的。 秘密だから惹かれる。 だけど秘密を知りたい。

「谷崎潤一郎の女性観」 『痴人の愛』や『卍』、『春琴抄』など、異常な愛の形を好んで小説のモチーフにした耽美派の作家、谷崎潤一郎も、特異な愛着障害を抱えていたようだ。 愛着障害だった谷崎は、女性関係において異常に執着の強い …

注)谷崎は昭和25年64歳の時に谷崎は京都から熱海に転居しました。(熱海は温かいため) 谷崎潤一郎の最後. 昭和26年頃から谷崎は体調を崩すようになります。 昭和34年右手に疼痛や麻痺が起こり以降は口述筆記となりました。

『秘密』は一九一一年に発表された、谷崎潤一郎の短編小説です。 秘密を持つことに魅了された男が、謎多き女と逢瀬を重なるうちに、女の秘密を暴きたいという衝動にかられるという内容で、耽美主義と言われる初期の谷崎潤一郎らしい作品となってい ...

とくに「秘密」におけ谷崎の初期作品の連載時期がちょうど翠同踏」を中心とする〈新しい女〉の議論が始まる時期と重なっていること、これ T 女〉の造型にはすでに谷崎独自の女性観が芽生えている点で注目すべきであろう。

谷崎 潤一郎 秘密 女 の 正体 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 秘密 女 の 正体

Read more about 谷崎 潤一郎 秘密 女 の 正体.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Drivers' licenses do not revoke walking privileges.
Guest

Do all you can and trust God to do what you cannot.

Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Calendar
MoTuWeThFrStSu