谷崎 潤一郎 母

谷崎 潤一郎 母

谷崎 潤一郎 母



母を恋ふる記:谷崎潤一郎の母親像: 谷崎潤一郎の母関は美しかったらしい。浮世絵にもなったというから、相当の美人だったに違いない。関には姉妹が二人あって、彼女らもまた浮世絵になるほど美しかったらしいが、潤一郎の母関は群を抜いて美しかった。

そうこうするうち、その年の夏も過ぎ、秋も暮れて、 平中 ( へいじゅう ) の家の 籬 ( まがき ) に咲いた菊の花も色香がうつろう季節になった。 此の古今に名を 馳 ( は ) せた色好みの男は、人間の花を愛したばかりでなく、植物の花をもいつくしむ心を持っていて、わけても菊を栽培 ...

『少将滋幹の母』(しょうしょう しげもとの はは)は、谷崎潤一郎の長編小説。王朝物の時代小説である。美しい若妻・北の方を藤原時平に強奪された老齢の藤原国経の妄執の念と、その遺児・藤原滋幹が恋い慕う母の面影の物語。戦後の谷崎文学の傑作の一つとして多くの作家や文芸評論家から賞讃された作品で、高齢の谷崎自身の幼い頃の母の記憶、永遠の女性像を仮託している作品でもある 。

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

日本大百科全書(ニッポニカ) - 少将滋幹の母の用語解説 - 谷崎潤一郎(じゅんいちろう)の長編小説。1949年(昭和24)11月から翌50年3月まで『毎日新聞』に連載。50年、毎日新聞社刊。色好みで知られた平中(へいじゅう)の滑稽(こっけい)な失敗譚(たん)から始まり、一代の権勢家で美男の左大臣藤原 ...

谷崎潤一郎の母関は美しかったらしい。浮世絵にもなったというから、相当の美人だったに違いない。関には姉妹が二人あって、彼女らもまた浮世絵になるほど美しかったらしいが、潤一郎の母関は群を抜いて美しかった。

『母を恋ふる記』は大正8年に発表された、谷崎潤一郎の短編。 夢を描いた作品ですが、谷崎潤一郎の自伝的な作品です。 谷崎潤一郎の生涯について知りたい方にもおすすめです。 目次母を恋ふる記のあらすじ神秘的な冒頭 母を恋ふる記 ...

第2回 「母 なるもの」を ... 谷崎潤一郎という作家は、ずっと気になる存在でしたが、私にとっては、理解を絶する部分が多い作家でした。 ...

谷崎 潤一郎: 作家名読み: たにざき じゅんいちろう: ローマ字表記: Tanizaki, Jun'ichiro: 生年: 1886-07-24: 没年: 1965-07-30: 人物について: 「谷崎潤一郎」 [

谷崎の母恋は切ない母への思慕が描かれている。やはり優れているのは「吉野葛」であろう。母への思いが結局、紙すきのため、あかぎれの手になった田舎娘を妻にすることになる作品である。静御前と狐の組み合わせも話に深みを与えている。なお、母がエロシチズムを漂わせている時もあっ ...

谷崎 潤一郎 母 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 母

Read more about 谷崎 潤一郎 母.

4
5
6
7

Comments:
Guest
If God shuts one door, He opens another.
Guest

Better to be square than to move in wrong circles.

Guest
Happiness is nothing more than health and a poor memory.
Calendar
MoTuWeThFrStSu