谷崎 潤一郎 の 鍵

谷崎 潤一郎 の 鍵

谷崎 潤一郎 の 鍵



『鍵』(かぎ)は、谷崎潤一郎の長編小説。読まれることを前提にして書かれた日記をお互い盗み読みする夫婦の愛欲の物語。この日記形式の物語世界を読む者もまた窃視の主体となるという仕掛けの構図を持つ作品である 。谷崎の代表作の一つで、翻訳も世界各国で行われている。たびたび映像化されている作品でもある。 『中央公論』1956年(昭和31年)1月号に掲載された後、5月号から12月号まで連載された(全9回) 。

『鍵』(かぎ)は、谷崎潤一郎の長編小説。読まれることを前提にして書かれた日記をお互い盗み読みする夫婦の愛欲の物語。この日記形式の物語世界を読む者もまた窃視の主体となるという仕掛けの構図を持つ作品である 。谷崎の代表作の一つで、翻訳も世界各国で行われている。たびたび映像化されている作品でもある。 『中央公論』1956年(昭和31年)1月号に掲載された後、5月号から12月号まで連載された(全9回) 。

ある初老の学者(大学教授)が、嫉妬によって性的に興奮して妻の郁子に性的に奉仕するための精力を得ることを目的として、自らが娘の敏子との縁談を持ちかけた大学生の木村と妻を、一線を越えない限界まで接近させようと企み、酔い潰れて浴室で全裸で倒れた郁子を木村に運ばせたり、酔い潰れて昏睡する郁子の裸体を撮影し、その現像を木村に頼むなどの経緯を日記に書いていく。また同時に郁子も日記を書いていた。

『鍵』(かぎ)は、谷崎潤一郎の同名の小説(1956年発表)を原作として、1959年(昭和34年)に市川崑が監督し、大映東京撮影所が製作、大映が配給して公開した日本の長篇劇映画である 。当時の「映画倫理管理委員会」(新映倫、現在の映画倫理委員会)は同作を成人映画に指定し、18歳未満の鑑賞を制限した 。公開時の惹句は、「愛欲描写の凄まじさに、映画化不可能を叫ばしめた谷崎文学の完全映画化!」である 。

Amazonで谷崎潤一郎の鍵。アマゾンならポイント還元本が多数。谷崎潤一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また鍵もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

谷崎潤一郎『鍵』は昭和31年(1956年)に発表された長編。 舞台は昭和二十年代後半、三十年代初頭の京都。 (ひたすら男女間のことを書いているので、あまり舞台は重要ではないのですが)

Amazonで谷崎 潤一郎の鍵 (中公文庫 (た30-6))。アマゾンならポイント還元本が多数。谷崎 潤一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また鍵 (中公文庫 (た30-6))もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

谷崎潤一郎 一月一日。 僕 ( ぼく ) ハ今年カラ、 今日 ( きょう ) マデ日記ニ記スコトヲ 躊躇 ( ちゅうちょ ) シテイタヨウナ事柄ヲモアエテ書キ留メル ニシタ。

「鍵 (谷崎潤一郎)」 文字遣い種別: 新字新仮名: 備考: この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫)

谷崎 潤一郎『鍵 (中公文庫』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約78件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

谷崎潤一郎は『痴人の愛』『春琴抄』などをはじめとした作品群により、読書家の間では「ドmで足フェチの変態」として有名です。 (もちろん変態でない作品も、谷崎にはたくさんありま …

「谷崎『鍵』の「欲望の欲望」」 谷崎潤一郎の、いわゆる「晩年三部作」は『鍵』、『瘋癲老人日記』、『夢の浮橋』を指す。第一作『鍵』は、数え年七十一歳になる谷崎が、昭和三十一年(1956年)の『中央公論』一月号および、五月号から十二月号に発表した作品で、連載時から、 …

谷崎 潤一郎 の 鍵 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 の 鍵

Read more about 谷崎 潤一郎 の 鍵.

9
10
11

Comments:
Guest
The best thing you can spend on your children is time.
Guest

A grouch is a person who somehow can manage to find something wrong with even the good old days.

Guest
Out of the mouths of babes come things parents never should have said.
Calendar
MoTuWeThFrStSu