谷崎 潤一郎 の 秘密

谷崎 潤一郎 の 秘密

谷崎 潤一郎 の 秘密



闇 ( やみ ) に紛れて私は帯の間から半紙と鉛筆を取出し、こんな走り書きをしたものをひそかに女の 袂 ( たもと ) へ投げ込んだ、そうして、又じッと先方の様子を窺っていた。 十一時頃、活動写真の終るまでは女は静かに見物していた。観客が総立ちになってどやどやと場外へ崩れ出す ...

『秘密』(ひみつ)は、谷崎潤一郎の短編小説。普通の刺戟に飽いてしまった男が美しく女装して町に繰り出したり、再会した昔の女の秘密の住居に目隠しをしたままで赴いたりする物語。

谷崎潤一郎「秘密」論 山口 政幸 専修国文 (86), 37-58, 2010-01

谷崎潤一郎の心的機構論序説 『一密』秘 1. 夫幹澤柳. 験に指を触れる事を許されない。氏が肉体的経験に 口 ユ なに奔放に夢みても、不安な狂的な仔情詩を作らな. 置く絶対の信頼でかyやいてみる。氏の精神はどん. かつて小林秀雄はその谷崎論の中でこう ...

谷崎 潤一郎: 作家名読み: たにざき じゅんいちろう: ローマ字表記: Tanizaki, Jun'ichiro: 生年: 1886-07-24: 没年: 1965-07-30: 人物について: 「谷崎潤一郎」

谷崎潤一郎まとめページ. 谷崎潤一郎のその他の作品 谷崎潤一郎『刺青』 谷崎潤一郎『人面疽』 『母を恋うる記』 『美食倶楽部』 『白昼鬼語』 『富美子の足』 『魔術師』

都市空間の中の私――谷崎潤一郎「秘密」の空間論 藤原学 79 ではこの小説の中の時間についてはどうでしょうか。 結論を申しますと、おおよそ発表当時と同時代、つま り1911年頃と考えてよいように思い …

『秘密』は一九一一年に発表された、谷崎潤一郎の短編小説です。秘密を持つことに魅了された男が、謎多き女と逢瀬を重なるうちに、女の秘密を暴きたいという衝動にかられるという内容で、耽美主義と言われる初期の谷崎潤一郎らしい作品となってい ...

谷崎潤一郎作品「卍」「秘密」「痴人の愛」あらすじネタバレ! 谷崎潤一郎は、明治、大正、昭和を生きた耽美派の文豪 谷崎潤一郎は、川端康成と並んで、明治、大正、昭和を生きた文豪です。川端康成の作品が、教科書で数多く取り上げられるのに対して、谷崎潤一郎の作品をあまり教科書 ...

谷崎 潤一郎 の 秘密 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 の 秘密

Read more about 谷崎 潤一郎 の 秘密.

9
10
11
12

Comments:
Guest
Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.
Guest

People who fight fire with fire usually end up with ashes.

Guest
A dog is the only thing on this earth that loves you more than he loves himself.
Calendar
MoTuWeThFrStSu