芥川 龍之介 薔薇

芥川 龍之介 薔薇

芥川 龍之介 薔薇



芥川龍之介 雌蜘蛛 ( めぐも ) は真夏の日の光を浴びたまま、紅い 庚申薔薇 ( こうしんばら ) の花の底に、じっと何か考えていた。 すると空に 翅音 ( はおと ) がして、たちまち一匹の蜜蜂が、なぐれるように薔薇の花へ下りた。

〈[#改ページ]〉 薔薇 すがれたる 薔薇 ( さうび ) をまきておくるこそふさはしからむ恋の逮夜は . 香料をふりそゝぎたるふし床より恋の柩にしくものはなし にほひよき絹の 小枕 ( クツサン ) 薔薇色の羽ねぶとんもてきづかれし墓 . 夜あくれば行路の人となりぬべきわれらぞさはな泣きそ ...

芥川龍之介全集3 雌蜘蛛 ( めぐも ) は真夏の日の光を浴びたまま、紅い 庚申薔薇 ( こうしんばら ) の花の底に、じっと何か考えていた。 すると空に 翅音 ( はおと ) がして、たちまち一匹の蜜蜂が、なぐれるように薔薇の花へ下りた。

芥川龍之介、広津和郎、宇野浩二はほぼ同年の作家である。 芥川が1892(明治25)年、広津と宇野が1891(明治24)年生まれ。 広津と宇野の交友は知られるところだが、芥川と広津も「親友」とはいわないまでも因縁浅からぬものがある。 この3人の作家は、関東大震災以降の時代の「不安」と ...

芥川龍之介が観た 1921年・郷愁の北京 夕月や槐にまじる合歓の花 灰捨つる路は槐の莢ばかり 石垣に日照りいざよふ夕べかな 来て見れば軒はふ薔薇に青嵐

芥川龍之介 の生い立ちと ... を見た僕は「何か平和に近いものを感じ」ましたし、アスファルトに散らばる紙くずを「薔薇の花にそっくりだ」としたうえで「何ものかの好意を感じ」ているからです。 ...

芥川龍之介の小説に対して、私はとても理知的な文芸作品という印象を持っています。ですから、短歌にしても平安期をイメージさせるような「和歌」らしいものだろうと思っていました。 しかし、初めて芥川の短歌を読んだときには非常に驚きました。というのは、予想に反して ...

底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:野口英司 1998年3月23日公開 2004年3月16日修正 青空文庫作成ファイル:

― 芥川龍之介における日本の諸宗教とキリスト教の受容について ― 武 田 秀 美 Various religions of Japan and the acceptance of Christianity in Ryunosuke Akutagawa Hidemi TAKEDA Smiles of Gods is one of the works on‘Kirishitan’(Christians) written by Ryunosuke Akutagawa, and it …

芥川龍之介の『舞踏会』をご紹介します。初出は1920年(大正9年)の雑誌『新潮』1月号上となります。鹿鳴館を舞台にした、小さな恋のお話で、淡く切なく、そしてちょっと儚い物語です。

芥川 龍之介 薔薇 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 薔薇

Read more about 芥川 龍之介 薔薇.

4
5
6
7

Comments:
Guest
You make more friends by being interested in them than by trying to get them interested in you.
Guest

There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.

Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Calendar
MoTuWeThFrStSu