芥川 龍之介 文体

芥川 龍之介 文体

芥川 龍之介 文体



芥川龍之介の死後、芥川龍之介の文章を流れとして受け継いだ作家も、派閥も少ないといえるのではないだろうか。 中島敦や、梶井基次郎に影響はあるが、両者とも寡作であるし、以後には作家が見当たらないことから、文体としての流れとしてはなってい ...

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川 竜之介 : 作家名読み: ... ・事件、明治の文明開化期など、さまざまな時代の歴史的文献に題材をとり、スタイルや文体を使い分けたたくさんの短編小説を書いた。 ... 「芥川龍之介 ...

371 《共同研究》 序 近代作家の文体 -芥川龍之介と北原白秋i 西 山 春文佐 藤 嗣男 芥川の近代散文がいかにして形成されて行ったのか、近代詩歌とのいかれる、その大正期を代表する作家の一人である芥川龍之介に的を絞り、 が、ともあれ、ここでは、大正十年頃に近代口語文の成立を見たと ...

^ 芥川龍之介 「入社の辞」、1919年3月。 ^ 海軍兵学校物語, p. 73 ^ 関口 2010, p. 52 ^ 川端康成 「芥川龍之介氏と吉原」 ^ 神の罠, 39頁 ^ 山崎光夫 『藪の中の家』 中公文庫、2008年。(第四章六 - より) ^ 芥川文、中野妙子記 『追想芥川龍之介』 中公文庫、1981年 ...

本論文は、芥川龍之介の前期作品研究を通じて、近代文学の可能性を問い直す試みである。芥川龍之介の作品はしばしば日本の近代文学の典型と目され、また同時に近代文学の典型から外れた浅薄な作品とも評される、両義的な存在である。

芥川龍之介は大正時代の短編小説を得意とする優れた作家である。彼は、大正文壇の主流を占める新現実主義及び新思潮派の代表作家であり、社会の現実を現実主義的に書き表した。彼のほとんどの作品は人の複雑な内心の世界を描写する。

今回は芥川龍之介作品のなかから新潮文庫の『戯作三昧・一塊の土』を取り上げる。 本書に収録されているのは、“江戸期もの”や“明治開化期もの”、当時の社会を舞台にした写実小説などだ。

芥川龍之介がスペイン風邪に罹患した折に詠んだ俳句があります。斎藤茂吉の『赤光』を高く評価し、自らも短歌の一種である旋頭歌を詠んでいましたが、俳句も作ったものが残されています。芥川龍之介のスペイン風邪の句をご紹介します。

芥川龍之介「奉教人の死」論:愛の欲望の物語 - 上智大学学術情報リポジトリ; 芥川龍之介『奉教人の死』論 : キリスト教への関心の意義において - 関西学院大学リポジトリ

芥川 龍之介 文体 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 文体

Read more about 芥川 龍之介 文体.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.
Guest

If you're looking for a long rest, be on time for an appointment.

Guest
The more you say, the less people remember.
Calendar
MoTuWeThFrStSu