紀貫之 訳

紀貫之 訳

紀貫之 訳



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。 下野守・紀本道の孫。 紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈 従二位。 『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

小倉百人一首の紀貫之の和歌とその現代語訳・解説を書いたページです。 35.紀貫之 人はいさ~ 小倉百人一首 優れた歌を百首集めた 『小倉百人一首』 は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公家・歌人の 藤原定家(1162-1241) が選んだ私撰 ...

六歌仙とは古今和歌集「仮名序」に記された6人の歌人僧正遍昭、在原業平、文屋康秀、喜撰法師、小野小町、大伴黒主を指す言葉。紀貫之が六歌仙の6人の歌人の評を現代語訳を通して解説します。

人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける 紀貫之の百人一首に収録されている和歌の現代語訳と修辞法、詠まれた季節などの解説、鑑賞を記します。古今和歌集の選者であり、古今和歌集の序文「仮名序」の作者である紀貫之の和歌を読んでいきましょう。

この歌は、紀貫之によって詠まれたものです。 現代語訳だけではわかりづらいと思うので、もう少し詳しく解説をします。まずは桜の花びらが散ってしまって、それが風で舞っている様子を想像してくださ …

 · 平安時代に活躍した 歌人・紀貫之きのつらゆき。 日本の学校では国語の時間、必ずと言っていいほど、彼の和歌について習いますよね。 ですが紀貫之は歌人である以前に、朝廷に仕える役人であったことをご存知でしょうか。 一体、紀貫之とはどんな人物で、どのような人生を送ったの ...

今回は平安時代中期の和歌の名人、紀貫之(きのつらゆき)について紹介します。 紀貫之は古今和歌集を作ったり、土佐日記を書いた文人として有名ですが、その人物像や生涯となると知らない人も多いのではないかと思います。

【参考歌】紀貫之「貫之集」 ふりしける雪かと見ゆる月なれど濡れて冴えたる衣手ぞなき 紀貫之「後撰集」 衣手はさむくもあらねど月影をたまらぬ秋の雪とこそ見れ 月影も雪かと見つつ弾く琴の消えて積めども知らずやあるらむ(貫之集)

訳お願いします!貫之が馬に乗りて、和泉の国におはしますなる、蟻通の明神の御前を、暗きに、え知らで通りければ、馬にはかに倒れて死にけり。いかなることにかと驚き思ひて、火の火影に見れば、神の鳥居の見えけれ ば、「...

大鏡(師輔伝)の訳を至急宜しくお願いします。 いとをかしきことは、かくやむごとなくおはします殿の、貫之のぬしが家におはしましたりしこそ、なほ和歌はめざましきことなりかしと、おぼえはべりしか。正月一日つけさせ給ふべき魚袋...

紀貫之 訳 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 訳

Read more about 紀貫之 訳.

9
10
11
12

Comments:
Guest
People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.
Guest

The only reason people get lost in thought is because it's unfamiliar territory.

Guest
It is never too soon to be kind, for we never know how soon it will be too late.
Calendar
MoTuWeThFrStSu