紀貫之 和歌一覧

紀貫之 和歌一覧

紀貫之 和歌一覧



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

小倉百人一首の和歌を紹介しています。ここでは歌番号35番・紀貫之(きのつらゆき)の和歌を紹介していますが、百人一首の和歌は、ほかにも作者別や上の句・下の句などでも検索して調べることが出来ます。

Top > 古今和歌 ... 袖ひちて むすびし水の こほれるを 春立つ今日の 風やとくらむ 紀貫之 0003 春霞 立てるやいづこ み吉野の 吉野の山に 雪は降りつつ ...

六歌仙とは古今和歌集「仮名序」に記された6人の歌人僧正遍昭、在原業平、文屋康秀、喜撰法師、小野小町、大伴黒主を指す言葉。紀貫之が六歌仙の6人の歌人の評を現代語訳を通して解説します。

 · 今日は紀貫之の桜歌を古今集から10首選んでみた。 今年より 春知りそむる 桜花 散るといふことは ならはざらなむ. ことならば 咲かずやはあらぬ 桜花 見る我さへに 静心なし. 桜が散ってしまうことへのドキドキを詠った和歌。

人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける 紀貫之の百人一首に収録されている和歌の現代語訳と修辞法、詠まれた季節などの解説、鑑賞を記します。古今和歌集の選者であり、古今和歌集の序文「仮名序」の作者である紀貫之の和歌を読んでいきましょう。

【参考歌】紀貫之「貫之集」「金葉集三奏本」 落ちとまる紅葉をみればももとせに秋のとまりは嵐なりけり 作者不明(或本躬恒)「古今和歌六帖」 もみぢ葉の流れてよどむ湊をぞ暮れゆく秋のとまりとは見る 【主な派生歌】

紀貫之が寄せたとされる古今和歌集の序文「仮名序」は、日本初の歌論とされ、和歌の何たるかを説く紀貫之の繊細かつ大胆な論が書かれています。 “倭歌は、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれり …

紀貫之 和歌一覧 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 和歌一覧

Read more about 紀貫之 和歌一覧.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.
Guest

Give what you have; to some it may be better than you dare to think.

Guest
The difficulties of life are intended to make us better, not bitter.
Calendar
MoTuWeThFrStSu