福澤諭吉 チフス

福澤諭吉 チフス

福澤諭吉 チフス



福澤は、明治3年5月に発疹チフスに罹った。人事不省が18日にも及び、その頃の病状は、後に自ら語ったところでは「私は病中夢うつつの間に聞いた寺の鐘とか汽笛の響とかないしは普請の音とかいうような音響が、両3年は耳についていて、これを聞くと変な気持がした」という程であった。

『福澤諭吉事典』慶應義塾150年史資料集 別巻2、福澤諭吉事典編集委員会編、慶應義塾大学出版会、2010年12月25日。 ISBN 978-4-7664-1800-2。 著書翻訳 An Outline of a Theory of Civilization. The Thought of Fukuzawa 1. David A. Dilworth・G. Cameron Hurst, III. Keio University Press. (2008-11-11).

福澤は、明治3(1870)年に腸チフスに罹り、その病後療養のために、9月終わりから10月にかけて熱海に出かけた帰りに箱根の湯本や塔之沢などで湯治したとの記録がある。これが、初めての箱根逗留で、この時に福澤は湯本の福住旅館に宿泊した。

明治三(一八七〇)年、五月に腸チフスを患った福澤先生は、その年の十月、養生のための熱海入湯からの帰途に箱根湯本を訪れ、湯本の福住旅館に二日間滞在し、その後もたびたび箱根を訪れるようにな …

2月3日午後10時50分 三田慶應義塾内の自邸にて長逝(いまその地に「福澤諭吉終焉の地」の記念碑が建っている)。 同月8日 葬儀。 東京府下大崎村本願寺内(現在は品川区上大崎1丁目常光寺内)に葬ったが、昭和52年、墓所を東京都港区元麻布1丁目善福寺に移した。

福澤諭吉は腸チフスにかかった時、牛乳を飲み回復した経験から、明治時代にはまだ一般的ではなかった牛乳を普及させるべく、牛乳販売会社の宣伝文を書くなど牛乳PR活動に一役かっていました。

福澤諭吉 チフス ⭐ LINK ✅ 福澤諭吉 チフス

Read more about 福澤諭吉 チフス.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
When I can't handle events, I let them handle themselves.
Guest

The only good thing about free advice is that the price is right.

Guest
The buck doesn't stop these days--In fact, it doesn't ever slow down.
Calendar
MoTuWeThFrStSu