沼津 井上靖

沼津 井上靖

沼津 井上靖



井上靖のことばを更新しました 2020.11.1 「井上靖とオリンピック 1960-1964」展 開催 2020.3.12 入館の際、感染対策にご協力ください。

井上靖(1907年~1991年) 作家。 旭川市生まれ。 幼少時、父の故郷天城湯ヶ島に移住。 旧制沼津中学校、第四高等学校、京都帝大文学部卒。 毎日新聞社を経て執筆活動に入る。

井上靖文学館について. 幼少年時代を伊豆湯ケ島で過し、高校時代は沼津で青春を謳歌した井上靖。井上靖文学館は、そんな伊豆を一望できるクレマチスの丘にある。井上の全著書や原稿、創作ノート、写真パネルや資料文献などが収蔵されている。

井上靖さんは、私が卒業した高校(当時は沼津中学)の先輩です。校舎を移転してしまったので、同じ場所に通っていたわけではありませんが、(現在は沼津市民会館がある場所です)たしか、創立90周年の記念講演に学校にいらしたことがあります。

東京方面より:東名裾野i.c.よりr246経由、沼津方面へ10km 名古屋方面より:新東名 長泉沼津i.c.あるいは東名 沼津i.c.より伊豆縦貫道(東駿河湾環状道路)へ 長泉i.c.出口r246右折/新東名 長泉沼津i.c.より5km 【電車の場合】 JR東海道線「三島駅」下車

井上靖文学碑 2007年7月1日更新 明治40年(1907年)北海道に生まれた井上靖は、大正2年(1913年)から大正9年(1920年)まで曾祖父潔の妾かのとともに、両親から離れて湯ヶ島で生活した。

「井上靖の源流1」(静岡新聞) 旧制沼津中学校で学び、「夏草冬濤」など多数の名作を生んだ芥川賞作家井上靖をテーマにした第二回沼津文学祭が十「十二月、沼津市を中心に本格的に行われる。

沼津 井上靖 ⭐ LINK ✅ 沼津 井上靖

Read more about 沼津 井上靖.

2
3
4
5

Comments:
Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Guest

Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.

Guest
People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.
Calendar
MoTuWeThFrStSu