正岡 子規 作品 一覧

正岡 子規 作品 一覧

正岡 子規 作品 一覧



作品 底本 初版発行日; 寒山落木 巻一: 子規全集 第一巻 俳句一: 1975(昭和50)年12月18日: 墨汁一滴: 墨汁一滴: 1927(昭和2)年12月15日、1984(昭和59)年3月16日第15刷改版

作業中の作品 →作業中 作家別作品一覧:正岡 子規. 仰臥漫録 (新字新仮名、作品id:1899) 人の紅葉狩 (旧字旧仮名、作品id:60765) 人々に答ふ (新字新仮名、作品id:57877) 病牀六尺 (新字新仮名、作品id:1898)

正岡 子規(まさおか しき、1867年 10月14日〈慶応3年9月17日〉 - 1902年〈明治35年〉9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。 名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。. 俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面にわたり創作活動を ...

近代以降の俳句において、正岡子規(まさおかしき)が果たした役割はとても大きなものでした。 「写生」に基づいた現実密着型の俳句からは力強さを感じることもできます。その一方で、肺結核によって強いられた闘病生活に関する句からは、何とも言えぬ悲しさが伝わってきます。 この ...

 · 作品名(作品id) 副題: 文字遣い種別: 翻訳者名等 (人物id) 入力者名 校正者名: 状態 状態の開 …

正岡子規の俳句の中から個人的に選出した俳句です。

この俳句は、正岡子規の作品の中でも非常に有名な一句であり、戦後は子規の故郷、 松山の象徴 としても扱われています。1949年、松山駅前にこの俳句を模した石碑が建てられましたが、その4年後に行われた駅の改修工事のため、この石碑は子規記念館の横 ...

正岡子規の作品としては俳句に目が行きがちになりますが、短歌にも味わい深いものが数多くあります。 子規は万葉集を評価する一方で、古今和歌集に対しては否定的です。このことは、子規の短歌を読む上で常に意識しておきたいポイントだと私は考えます。 このページでは、正岡子規の ...

正岡子規の有名な俳句にはどのようなものがあるでしょうか。正岡子規が生涯に詠んだ俳句の数はたいへん多いので、その中からもっとも有名なもの、すぐれた作品を10句に選りすぐってご紹介します。

正岡 子規 作品 一覧 ⭐ LINK ✅ 正岡 子規 作品 一覧

Read more about 正岡 子規 作品 一覧.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Guest

There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.

Guest
People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.
Calendar
MoTuWeThFrStSu