月 の 都 正岡 子規

月 の 都 正岡 子規

月 の 都 正岡 子規



千曲市の観光キャッチフレーズが「芭蕉も恋する月の都」となったのを機に、NHKドラマ「坂の上の雲」に登場する近代俳句の創設者、正岡子規の「月の都」という小説に目を通してみました。これは世に打って出ようとした子規の最初の小説で、シリーズ86で少し触れたように、まだ俳句に本格 ...

この新聞に五百木飄亭、石井露月らが従事した。創刊号より小説「月の都」を連載する。月給が30円となる。 23日 「竹の里人」の名で短歌を発表。 3月 「小日本」の挿絵画家として浅井忠より中村不折を紹介される。 4月15日 子規庵で4名の句会。

正岡 子規(まさおか しき、1867年 10月14日〈慶応3年9月17日〉 - 1902年〈明治35年〉9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。 名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。. 俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面にわたり創作活動を ...

1898(明治31)年11月10日 ※底本では、表題の下に「子規」と記載されています。 ※「此後も 間 ( ひま ) があったら」の「間」のみは、底本では「門<月」となっています。 入力:ゆうき 校正:noriko saito 2010年4月22日作成 2011年5月11日修正

 · 正岡子規旧居“子規庵”について 「子規庵」(しきあん)は明治時代を代表する俳人・文人である正岡子規の旧居。東京都指定史跡。 正岡子規は明治27年(1894年)、27歳の時に元は旧加賀藩主・前田侯爵家が広大な屋敷をかまえていた場所の一角である…

正岡子規まさおかしきは明治時代、当時廃れていた俳句や短歌を世に広め、俳句界の繁栄に大きく貢献した俳人です。 「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」の句は、もはや知らない人などいないでしょう。しかし子規の魅力は作品そのものよりも、その人となりにあります。

月 の 都 正岡 子規 ⭐ LINK ✅ 月 の 都 正岡 子規

Read more about 月 の 都 正岡 子規.

3
4
5

Comments:
Guest
The difficulties of life are intended to make us better, not bitter.
Guest

One of the advantages of being disorderly is that you are constantly making new discoveries.

Guest
Fear of becoming a has-been keeps some people from becoming anything.
Calendar
MoTuWeThFrStSu