川端 康成 百合 掌 の 小説

川端 康成 百合 掌 の 小説

川端 康成 百合 掌 の 小説



『掌の小説』(たなごころのしょうせつ)は、川端康成の掌編小説集。「てのひらのしょうせつ」とルビが付されている場合もある 。 川端が20代の頃から40年余りにわたって書き続けてきた掌編小説を収録した作品集で、1971年(昭和46年)3月15日に新潮文庫より刊行された。

川端康成の「掌の小説」の詩学 に即して感得される。 姿でもあり、とりわけ描かれた世界の中心的人物や事物のありょうは詩的主観も体験するが、また詩的主観が合一的に観照する世界の世界を虹のごとく瞬時に彩る様相が「純情」である。

)、「川端文学開扉の鍵」(長谷川泉 9 )「川端文 学の源流」(松坂俊夫 10 )などと評価されてきた。長谷川は初期の〈掌の小説〉を「川端の才華の万華鏡 などではない。掌の小説群である。そして掌の小説群川端文学の貴重な道標であると思う。

夏頃から毎日「掌の小説」に収められている作品を一編づつ読んで感想をTwitterに投稿する「川端康成マラソン」という企画を立てて、ずっと読んできましたが、本日ようやく無事に完走できました。なんとか年内に読み終えて良かったです。

 · 小説; 川端康成のおすすめ小説本ランキング!人気作品ベスト20を一挙紹介! ... 『掌の小説』(新潮社、昭和46年3月)にある短編で、清水宏に演出された『有りがたうさん』(昭和11年、松竹キネマ)でその脚色されたストーリーが描かれています。 ...

『乙女の港』(おとめのみなと)は、川端康成名義の長編小説。川端の少女小説として連載発表されたが、今日では、当時川端に師事していた新人の主婦作家・中里恒子(佐藤恒子)の草稿に、川端が校閲・加筆指導・手直しをして完成させた共同執筆の合作だったことが判明している作品で ...

掌の小説(新潮文庫)川端康成新潮社「百合子はだれかが好きになると、その人と身も心も同じにならないと気が済まない性質だった。結婚するとそれが益々嵩じ、夫と同じになるために、髪を切り、化粧をせず、ひげを生やし、活発に歩き、陸軍に志願しようとまでした。それを受け入れてくれ ...

川端康成の『掌の小説』の「百合」は、わずか2ページほどの作品ですが、これによく似た内容が、心理小説の様なコミック、例えば、池田理代子や山岸涼子の作品に見られます。この「百合」は何故か失笑 してしまいます。女性の場...

 · 川端康成の、40年の歴史『掌の小説』 掌編小説が100編以上も収録された、いわば作品集です。 どの作品も短いですが全て濃い情景描写で描かれていて、しかも40年以上に渡って書かれた作品集。

川端 康成 百合 掌 の 小説 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 百合 掌 の 小説

Read more about 川端 康成 百合 掌 の 小説.

4
5
6
7

Comments:
Guest
You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.
Guest

It is better to know some of the questions and all the answers.

Guest
The road to success is dotted with many tempting parking places.
Calendar
MoTuWeThFrStSu