川端 康成 伊豆 の 旅

川端 康成 伊豆 の 旅

川端 康成 伊豆 の 旅



Amazonで川端 康成の伊豆の旅 (中公文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。川端 康成作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また伊豆の旅 (中公文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

Amazonで川端 康成の伊豆の旅 (中公文庫 A 10-3)。アマゾンならポイント還元本が多数。川端 康成作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また伊豆の旅 (中公文庫 A 10-3)もアマゾン配送商品なら …

文豪 川端康成が執筆した宿 湯本館. ようこそ、伊豆・天城湯ケ島温泉、旅館湯本館のホームページへ. 文豪 川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した宿で、狩野川の川端に位置する宿です。 文学の香りあふれる湯本館にどうぞお越し下さい。

川端康成のアンソロジー『伊豆の旅』の巻頭エッセイ〈伊豆序説〉に言う。 「伊豆は詩の国であると、世の人はいう。 伊豆は日本歴史の縮図であると、或る歴史家はいう。 伊豆は南国の模型であると、そこで私はつけ加えておこう。 伊豆は海山のあらゆる風景の画廊であるとまたいうことも ...

川端康成の「伊豆の踊子」を歩く(上) ... は年と共に減ってゆくやうだ。私の湯ケ島での思ひ出は、この旅芸人で始まる。初めての伊豆の旅は、美しい踊子が彗星で修善寺から下田までの風物がその尾のやうに、私の記憶に光り流れてゐる。 ...

この随筆は『伊豆の旅 川端康成著』注1)中公文庫の巻頭におさめられているものです。 昭和初期から伊豆半島もずいぶんと変わりましたが、まるで変わっていない描写もあり、当時の伊豆に想いを馳せ、現在の伊豆を感じることもできます。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。

『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている 。孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。孤児根性に歪んでいた青年の自我の悩みや感傷が、素朴で清純無垢な踊子の心によって解きほぐされていく過程と、彼女との悲しい別れまでが描かれている 。

川端康成の「伊豆の踊子」の原型である「湯ヶ島での思ひ出」は現存しないと言われていますが、 「温泉場から温泉場へ流して歩く旅芸人は年と共に減ってゆくやうだ。私の湯ケ島での思ひ出は、この旅芸 …

川端 康成 伊豆 の 旅 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 伊豆 の 旅

Read more about 川端 康成 伊豆 の 旅.

9
10
11

Comments:
Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Guest

One today is worth two tomorrows.

Guest
Talk is cheap, until you talk to a lawyer.
Calendar
MoTuWeThFrStSu