小説 芥川 龍之介

小説 芥川 龍之介

小説 芥川 龍之介



芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。

芥川 竜之介 : 作家名読み: ... さまざまな時代の歴史的文献に題材をとり、スタイルや文体を使い分けたたくさんの短編小説を書いた。 ... 「芥川龍之介 ...

そんな芥川龍之介の作品はどれも深く心に刺さるような小説ばかりです。 芥川作品は難しい、というイメージを抱いている方も多いかと思いますが、実はほとんどが短時間で読める 短編 で、 小さい子どもから大人まで 楽しむことができます。

芥川龍之介キリシタン小説選―13の作品 (響林社文庫) Kindle版 芥川龍之介 (著), しみじみ朗読文庫 (編集) 形式: Kindle版 その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする

底本:「芥川龍之介全集 第十六巻」岩波書店 1997(平成9)年2月10日発行 初出:「新潮 第二四年第九号」 1927(昭和2)年9月1日発行 入力:もりみつじゅんじ 校正:土屋隆 2008年12月9日作成 青空文庫 …

『歯車』(はぐるま) は、芥川龍之介の小説。『玄鶴山房』、『蜃気楼』、『河童』、『或阿呆の一生』と並ぶ晩年の代表作である。この時期の作品には自身の心象風景を小説にしたものが多いが、この作品もその一つと言える。執筆期間は1927年3月23日から4月7日までとされる。「話」らしい「話」はなく、芥川を自殺に追い詰めたさまざまな不気味な幻視、関連妄想が描かれている。 芥川は1927年(昭和2年)服毒自殺を図るが、生前に第一章が雑誌「大調和」に発表され、残りは遺稿として発見された …

小説 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ 小説 芥川 龍之介

Read more about 小説 芥川 龍之介.

7
8
9

Comments:
Guest
Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.
Guest

Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.

Guest
It is better to know some of the questions and all the answers.
Calendar
MoTuWeThFrStSu