宮部みゆき 杉村 今多コンツェルン

宮部みゆき 杉村 今多コンツェルン

宮部みゆき 杉村 今多コンツェルン



今多コンツェルン広報室に雇われたアルバイトの原田いずみは、質の悪いトラブルメーカーだった。解雇された彼女の連絡窓口となった杉村だが、経歴詐称とクレーマーぶりに振り回される。折しも街では無差別と思しき連続毒殺事件が注目を集めていた。

『杉村三郎シリーズ』(すぎむらさぶろうシリーズ)は、宮部みゆきの推理小説のシリーズ。

今多コンツェルン広報室の杉村三郎は、事故死した同社の運転手・梶田信夫の娘たちの相談を受ける。 亡き父について本を書きたいという彼女らの思いにほだされ、一見普通な梶田の人生をたどり始めた三郎の前に、意外な情景が広がり始める―。

「誰か Somebody」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→杉村三郎は今多コンツェルン会長の愛人の娘である菜穂子と結婚し、いわゆる逆玉の輿で何不自由無く暮らしていました。可愛い娘にも恵まれ、今多コンツェルンの社内報を発行する広報室で編集者兼 ...

今多コンツェルンの会長の娘婿、杉村三郎が主人公です。 資産家の妻とひとり娘と幸せな生活を送っていたのですが、変人アルバイトの同僚や連続無差別毒殺事件の被害者遺族とのかかわりから、トラブルに巻き込まれてしまう物語です。

今多コンツェルン本部広報課外報係会長秘書室付担当次長。広報課の精鋭。バスジャック事件に巻き込まれた杉村の身を案じた妻の菜穂子を事件現場近くの県警に連れてくる。 森信弘 ( もり のぶひろ ) 元今多コンツェルン取締役。

宮部みゆきの「誰か」を読了。 今多コンツェルン広報室の杉村三郎は、事故死した同社の運転手・梶田信夫の娘たちの相談を受ける。 亡き父について本を書きたいという彼女らの思いにほだされ、一見普通な梶田の人生をたどり始めた三郎の前に、意外な ...

宮部みゆきの『杉村三郎シリーズ』といえば、小泉孝太郎主演でドラマ化もされた人気作です。ミステリやファンタジー、時代ものと幅広い作品を執筆している人気作家ですが、今回はその中でもシリーズ化されている『杉村三郎シリーズ』を紹介していきます。

宮部みゆき 杉村 今多コンツェルン ⭐ LINK ✅ 宮部みゆき 杉村 今多コンツェルン

Read more about 宮部みゆき 杉村 今多コンツェルン.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
It is better to hold out a hand than to point a finger.
Guest

A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.

Guest
Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.
Calendar
MoTuWeThFrStSu