定子とは 清少納言

定子とは 清少納言

定子とは 清少納言



平安時代の才女『清少納言』と『紫式部』。よくライバル扱いされる清少納言と紫式部が仕えた中宮。『藤原定子(ふじわらのていし)』『藤原彰子(ふじわらのしょうし)』清少納言、紫式部、定子、彰子。今回は、この4人のちょっと紛らわしい関係性を、わかり

「清少納言」が書いたエッセイ「枕草子」。「春はあけぼの」の出だしで有名な枕草子では、清少納言が感じた細々したことだけでなく、仕えた「中宮定子」が光り輝いていた頃の思い出を振り返っています。清少納言は優しさと知性あふれる定子を賛美し、尊敬していました。

清少納言と彼女がつかえた一条天皇の后・定子。『枕草子』を読むと、清少納言は定子を敬愛し定子も清少納言を気に入っていたとがわかります。恋仲ではないかと思われるほどの両者の関係性は具体的にどんなものだったのか、『枕草子』のエピソードからご紹介します。

 · 文学史では、清少納言と紫式部ばかりの話になってしまいがちですが、定子も、彰子も、激動の歴史の中を生きた魅力ある女性です。 「定子」に仕えたのが清少納言です。 「彰子」に仕えたのが紫式部です。 「ショウ」を揃えない、と覚えましょう。

 · 前回の記事(長徳の変とは?わかりやすく解説【花山法皇乱闘事件。藤原伊周の敗北と藤原道長の登場】)で少しだけ清少納言に触れたので、今回は枕草子の話をしたいと思います。 ※紫式部の話もしようかと思いましたが、うまく整理できなさそうなのでやめてしまいました(汗。

 · 定子は清少納言に再び女房として出仕して欲しいと要請し、清少納言は再び出仕を始めます。2人には年齢を超えた信頼が芽生えていたのです。 定子と一条天皇の仲は良好でしたが、1000年に定子は難産の末に24歳で亡くなります。

清少納言は定子からの誘いを受け、再び定子の下で働くようになります。 定子は、宮中に呼び戻されてから4年後に内親王を出産。 しかし産後の肥立ちが悪く、24歳という若さで崩御しました。

定子と清少納言の仲は非常に良く、当時貴重だった 紙を定子に貰った事が枕草子執筆のきっかけ になります。 密かに書いていた枕草子でしたが、左中将の源経房が訪れた時にこの本を借り、それを周囲の人間にも読ませた事から世間に広まっていきました。

清少納言は中宮定子の女房となり、彼女が崩御するまで仕えていましたが、その実働期間は7年程度だったと言われています。 彼女のはっきりした足取りはその期間にしかなく、退職後の消息は掴めないということで、非常にミステリアスと言えます。

この定子は、枕草子の中に何度も登場してきます。 このストーリーは、定子を囲んで皆でお話をしていたときのことです。定子は清少納言の知識を試すために、「香炉峰の雪はどうなっているだろうか?」と質問をします。

定子とは 清少納言 ⭐ LINK ✅ 定子とは 清少納言

Read more about 定子とは 清少納言.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
Time is not an enemy unless you try to kill it.
Guest

Better to be square than to move in wrong circles.

Guest
There is one art of which man should be master--the art of reflection.
Calendar
MoTuWeThFrStSu