太宰 治 太田 静子 斜陽

太宰 治 太田 静子 斜陽

太宰 治 太田 静子 斜陽



太宰治の小説「斜陽」は太田静子の日記が基になっていることは周知の通りである。 本項では、滋賀県の医師で資産家の太田家に生まれ、上京して結婚、出産するが子供は生後

太宰治の出世作『斜陽』の下敷きとなった、回想録的な日記。太宰の“愛人"として娘・治子を生んだ太田静子が、1945年の春から12月までの日々を太宰に勧められるままに綴って渡したもので、太宰が入水自殺したとき、この日記が書斎の机に置かれており、井伏鱒二らが『斜陽』の印 …

太田 静子(おおた しずこ 1913年(大正2年)8月18日 - 1982年(昭和57年)11月24日)は、滋賀県出身の歌人、作家。太宰治の愛人の一人。『斜陽』に材料を提供したことで知られている。

 · 私生児と、その母。けれども私たちは、古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生きるつもりです――多くの名作を残し、いまもなお絶大な人気を誇る作家・太宰治の出世作『斜陽』。それは当時の愛人・太田静子の日記をベースに書かれたものでした。

今週は太宰治の「桜桃忌」が近づいてきましたので、「斜陽」の元になった太田静子の「斜陽日記」を巡ってみたいと思います(両者を読むとあまりにそっくりなのでビックリします)。

太宰治『斜陽』のその後 — —作家・太田治子インタビュー. 私生児と、その母。けれども私たちは、古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生きるつもりです――多くの名作を残し、いまもなお絶大な人気を誇る作家・太宰治の出世作『斜陽』。

そんな面白い詩が、終戦直後の 或 ( あ ) る新聞に載っていたが、本当に、いま思い出してみても、さまざまの事があったような気がしながら、やはり、何も無かったと同じ様な気もする。 私は、戦争の追憶は語るのも、聞くのも、いやだ。人がたくさん死んだのに、それでも陳腐で退屈 …

そして 一カ月後の2月21日、「斜陽」を書くために太宰は太田静子の日記を下曽我の大雄山荘で借ります。この時の出会いで太田静子は身ごもります。この後、5月24日太田静子は子供のことで太宰と相談するため 再び三鷹を訪ねます。

⑥太田静子に与えた証書 サインはやっぱり「太宰治」なんだと思った。そして、なんで「太宰治」なんだと思う。 ⑦太田静子宛て書簡 どこまでが太宰の本心なのだろうか?内容にはショックを受けた。 ⑧創作メモ(数点)

太宰 治 太田 静子 斜陽 ⭐ LINK ✅ 太宰 治 太田 静子 斜陽

Read more about 太宰 治 太田 静子 斜陽.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Peace of mind is not the absence of conflict from life, but the ability to cope with it.
Guest

Talk is cheap, until you talk to a lawyer.

Guest
When a pessimist has nothing to worry about, he worries about why he has nothing to worry about.
Calendar
MoTuWeThFrStSu