太宰 治 太田 静子 斜陽

太宰 治 太田 静子 斜陽

太宰 治 太田 静子 斜陽



太宰治の小説「斜陽」は太田静子の日記が基になっていることは周知の通りである。 本項では、滋賀県の医師で資産家の太田家に生まれ、上京して結婚、出産するが子供は生後

 · 私生児と、その母。けれども私たちは、古い道徳とどこまでも争い、太陽のように生きるつもりです――多くの名作を残し、いまもなお絶大な人気を誇る作家・太宰治の出世作『斜陽』。それは当時の愛人・太田静子の日記をベースに書かれたものでした。

太宰治が没する前年の12月、『斜陽』は大ベストセラーになった。この小説が、実在の女性・太田静子の日記をもとに書かれたことは文壇史に名高い。しかしこの日記は太宰治の亡くなった1948年秋に発表されて以来、版を重ねることはなかった。

太田 静子(おおた しずこ 1913年(大正2年)8月18日 - 1982年(昭和57年)11月24日)は、滋賀県出身の歌人、作家。太宰治の愛人の一人。『斜陽』に材料を提供したことで知られている。

太宰治の出世作『斜陽』の下敷きとなった、回想録的な日記。太宰の“愛人"として娘・治子を生んだ太田静子が、1945年の春から12月までの日々を太宰に勧められるままに綴って渡したもの。

今週は太宰治の「桜桃忌」が近づいてきましたので、「斜陽」の元になった太田静子の「斜陽日記」を巡ってみたいと思います(両者を読むとあまりにそっくりなのでビックリします)。

太田 治子(おおた はるこ、1947年11月12日 - )は、日本の作家。神奈川県小田原市の生まれ。

 · 名前を、太田静子と言います。彼女はもともと歌人であり作家。太宰治の愛人であり、『斜陽』の資料にと自身の日記を提供した人物です。『斜陽』の作中ほぼそのまんまの流れで、太宰治とのあいだに私生児を妊娠、出産。

美知子さんは太宰治の正妻で、太田静子さんは「斜陽」のモデルにもなった太宰治の愛人です。 ちなみに太宰治と心中したのは「山崎富栄」という女性で、彼女との間に子供はいません。 また、太宰治の子供の園子さんには津島淳というお子さんが一人おり、

太宰 治 太田 静子 斜陽 ⭐ LINK ✅ 太宰 治 太田 静子 斜陽

Read more about 太宰 治 太田 静子 斜陽.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Peace of mind is not the absence of conflict from life, but the ability to cope with it.
Guest

Talk is cheap, until you talk to a lawyer.

Guest
When a pessimist has nothing to worry about, he worries about why he has nothing to worry about.
Calendar
MoTuWeThFrStSu