大きな 木 村上 春樹 訳

大きな 木 村上 春樹 訳

大きな 木 村上 春樹 訳



おおきな木(原題:The Giving Tree)はシェル・シルヴァスタイン作の絵本。1964年にアメリカ合衆国で出版され、好評だったため1973年にフランス語に翻訳された。英語の教科書に載ったこともある。

村上訳を読んだ時に感じたのは、直訳的過ぎること、それでいてシルヴァスタインの意図と全く反すること。そして40歳で「おおきな木」を出版された本田先生と還暦近くになってこの本を訳した村上春樹の死生観の違いというか村上春樹の人生観の薄さ。

ミッフィーと絵本を学ぼう!世界で1000万部!小説家・村上春樹が和訳した絵本の賛否両論な結末とは? となっています。 「おおきな木 」は、シェル・シルヴァスタイン の作。 日本には、1976年にほんだ きんいちろう氏の訳で出版されましたが、

おおきな木/Shel Silverstein. 実は、ついこの間、村上春樹の訳で出版されなおした。 興味深かったので、取り上げなおす。 あらすじ的なものは前回の記事を見てください。 このLOVEタグは、以前書評ブログのオフ会のテーマがLOVEで、

村上春樹さんが翻訳を担当したのはけっこう最近のことなんですね! 村上春樹が訳した! ロングセラーで多くの人々に愛される大きな木を、2010年に再度翻訳したのはなぜなのか?

シルヴァスタイン『おおきな木』村上春樹翻訳、2010年、あすなろ書房 絵本『おおきな木』は、大人になっても、読むたびに新しい感じ方ができる名作。 シンプルな絵と文から、さまざまな解釈ができる絵 …

みなさんこんにちは~。 雨が降りそうで降らない・・・・洗濯物が乾かず困っているママンです さて今日は私がママ友から聞いてこの本、本当にいい本だな~ って思い早速本屋へ行き購入してきましたので ご紹介したいと思います。 尾木ママおススメ絵本「大きな木」/村上春樹が翻訳した ...

村上春樹さんの翻訳を一覧でご紹介。発売日順に解りやすく掲載。多崎つくる、1q84~風の歌を聴けまでを完全網羅。その他、村上春樹さんの情報盛りだくさんのサイトです。

大きな 木 村上 春樹 訳 ⭐ LINK ✅ 大きな 木 村上 春樹 訳

Read more about 大きな 木 村上 春樹 訳.

2
3
4
5

Comments:
Guest
If everything went like clockwork, the ticking would drive us nuts.
Guest

A truly contented person enjoys the scenery along a detour.

Guest
No person ever advanced by traveling in reverse.
Calendar
MoTuWeThFrStSu