古井 由吉 辻

古井 由吉 辻

古井 由吉 辻



Amazonで古井 由吉の辻 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。古井 由吉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また辻 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

父と子。男と女。人は日々の営みのなかで、あるとき辻に差しかかる。静かに狂っていく父親の背を見て。諍いの仲裁に入って死した夫が。やがて産まれてくる子も、また――。日常に漂う性と業の果て、破綻へと至る際で、小説は神話を変奏す

いや、五 歳前の評者がそんなことを漏らすのは僭越かも知れないが、古井由吉著『辻』中の「半日の花」に描かれる石垣を、やはりどうしても、見る、のではなく、聞く、という主人公と同じ呼吸をして対さなければ落ち着かない。

『辻 (新潮文庫)』(古井由吉) のみんなのレビュー・感想ページです(12レビュー)。作品紹介・あらすじ:父と子。男と女。人は日々の営みのなかで、あるとき辻に差しかかる。静かに狂っていく父親の背を見て。諍いの仲裁に入って死した夫が。やがて産まれてくる子も、また――。

古井 由吉『辻』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレ ...

古井由吉の「辻」では、人が人と出会い、過去が現在を待ち伏せし、夢が現(うつつ)を浚(さら)い、想起と交霊が分かち難く起きる。『辻』に収められた12の短編は、それぞれ独立しているが、「辻」を共通項とする連作短編である。

先日、「古井由吉氏 死去」の朝日記事を読んだ。 そこに、「決まり文句や時流の新語に頼らず、自分で考え抜いた言葉で思考をつむぐことの大切さを教えてくれた。」と紹介されていた。 古井由吉氏の文章を読みたくなった。 図書館に追悼企画が設けられており、『辻』を借りて読んだ。

古井 由吉(ふるい よしきち、1937年 11月19日 - 2020年 2月18日)は、日本の小説家、ドイツ文学者。 いわゆる「内向の世代」の代表的作家と言われている 。 代表作は『杳子』、『聖』『栖』『親』の三部作、『槿』、『仮往生伝試文』、『白髪の唄』など。

古井由吉ロングインタビュー . 生と死の境、「この道」を歩く. 聞き手:蜂飼 耳. 撮影:水野昭子 ※本インタビューは2019年4月刊「群像」に掲載されたものを再録したものです。

古井由吉ロングインタビュー 生と死の境、「この道」を歩く④. 聞き手:蜂飼 耳. 撮影:水野昭子 ※本インタビューは2019年4月刊「群像」に掲載されたものを再録したものです。

古井 由吉 辻 ⭐ LINK ✅ 古井 由吉 辻

Read more about 古井 由吉 辻.

7
8
9

Comments:
Guest
The people who are hardest to convince they're ready for retirement are children at bedtime.
Guest

The trouble with car payments is that they sometimes continue running after the car does.

Guest
The trouble with car payments is that they sometimes continue running after the car does.
Calendar
MoTuWeThFrStSu