千曲 川 旅情 の 歌 島崎 藤村

千曲 川 旅情 の 歌 島崎 藤村

千曲 川 旅情 の 歌 島崎 藤村



『千曲川旅情の歌』(ちくまがわりょじょうのうた)は、島崎藤村の詩。この詩に作曲した歌曲も有名である。 明治38年(1905年)に発行された「落梅集」が初出。同詩集冒頭に収められた『小諸なる古城のほとり』、後半の『千曲川旅情の詩』を、後に藤村自身が自選藤村詩抄にて『千曲川旅情の歌 一、二』として合わせたものである。

この詩は「秋風の歌」(若菜集)や「椰子の実」(落梅集)と並んで藤村の秀作とされる。詩に歌われた小諸城址は、跡地の一隅が懐古園として整備され歌碑が建立されている。

この詩は「秋風の歌」(若菜集)や「椰子の実」(落梅集)と並んで藤村の秀作とされる。詩に歌われた小諸城址は、跡地の一隅が懐古園として整備され歌碑が建立されている。

注) 1. 上記の「千曲川旅情の歌」の本文は、岩波文庫『藤村詩抄』(昭和2年7月10日第1 刷発行、昭和45年4月10日第48刷発行)によりました。

 · 岳風会吟詠教本 近代詩篇110ページ。余りにも有名な詩ですので、説明不要でしょう。以前アップしました「小諸なる古城のほとり」と共々「落梅 ...

 · 大正14年(1925年)8月作曲 千曲川旅情の歌 作詞 島崎藤村/作曲 弘田龍太郎 昨日(きのう)またかくてありけり 今日(きょう)もまたかくてありな ...

34年8月刊行の『落梅集』で「千曲川旅情のうた」(目次には「歌」)と改題、大正6年 9月刊の改刷版『藤村詩集』に「千曲川のほとりにて」と改題、さらに昭和2年7月発 行の『藤村詩抄』で「千曲川旅情の歌二」と改められました。

「千曲川旅情の歌」 島崎藤村 一、 小諸 (こもろ) なる 古城 (こじよう) のほとり 雲 (くも) 白 (しろ) く 遊子 (いうし) 悲 (かな) しむ 緑 (みどり) なす 繁蔞 (はこべ) は 萌 (も) えず 若草も 藉 (し) くによしなし しろがねの 衾 (ふすま) の 岡邊 (おかべ) 日に溶けて 淡雪 (あわゆき) 流 (なが) る

『千曲川旅情の歌』(ちくまがわりょじょうのうた)は、島崎藤村の詩文集『落梅集』に収録された作品。 後に昭和2年発行の『藤村詩抄』において、『小諸なる古城のほとり』を吸収合併する形で、一つの詩にまとめられた。 本ページで紹介する詩は、『小諸なる古城のほとり』を吸収合併 ...

 · 「千曲川旅情の歌」 原文 现代语訳 - 千曲川旅情の歌 島崎藤村 一 小諸なる古城のほとり 雲白く遊子(ゆうし)悲しむ 緑なすはこべは萌えず 若草も藉くによしなし しろがねの衾(ふす...

島崎藤村の詩「千曲川旅情の歌」の現代語訳を教えてください。 本文は 昨日またかくてありけり 今日もまたかくてありなむ この命なにをあくせく 明日をのみ思ひわづらふ いくたびか栄枯の夢の 消え残る谷に下りて 河波のいざよふ見れば 砂まじり水巻き帰る 鳴呼古城なにをか語り 岸の波 ...

千曲 川 旅情 の 歌 島崎 藤村 ⭐ LINK ✅ 千曲 川 旅情 の 歌 島崎 藤村

Read more about 千曲 川 旅情 の 歌 島崎 藤村.

3
4
5
6

Comments:
Guest
You can't turn back the clock--But you can wind it up again.
Guest

Last year I made a list of things that I resolved to do--I'll use that list again this year--it's still as good as new.

Guest
If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.
Calendar
MoTuWeThFrStSu