俊寛 芥川 龍之介

俊寛 芥川 龍之介

俊寛 芥川 龍之介



底本:「芥川龍之介全集4」ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年1月27日第1刷発行 1993(平成5)年12月25日第6刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 初出:「中央公論」

底本: 芥川龍之介全集4: 出版社: ちくま文庫、筑摩書房: 初版発行日: 1987(昭和62)年1月27日: 入力に使用: 1993(平成5)年12月25日第6刷

俊寛(しゅんかん、康治2年(1143年) - 治承3年3月2日(1179年4月10日))は平安時代後期の真言宗の僧。僧位の「僧都」を冠して俊寛僧都(しゅんかん そうず)と呼ばれることも多い。

なお、芥川龍之介の「俊寛」の有王が俊寛に語る部分の琵琶法師の「平家物語」の引用は、幾つかの「平家物語」の諸本を見てみたが、一致するものを、私は見出し得なかった。、もし、ご存知の方があれば、ご教授を乞う。

芥川龍之介「俊寛」考 小澤 保博 , Ozawa Yasuhiro 琉球大学教育学部紀要 70, 153-163, 2007-01

芥川 竜之介『俊寛 (Kindle)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約13件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

俊寛のいた京の都に比べると、まさに異界の地であるといえるでしょう。 この島で、俊寛は流人生活に打ち沈む日々を送っていました。 ただ同志のふたりの存在が心頼りになっていたのか、都を懐かしみ、水を酒になぞらえて酌み交わすような、悲惨な ...

芥川龍之介の小説「俊寛」の語り手が有王であるのもふさわしい。俊寛があちこちで吐露している彼の本心も的を射ている。ただ、俊寛の住まいも立派過ぎるし、何より「見せばやな」の和歌を俊寛の形見としたのがいけない。

芥川龍之介『俊寛』「所詮人界が浄土になるには、御仏の御天下を待つ外はあるまい」 — 吉田裕子(国語講師) (@infinity0105) 2015, 8月 22. 芥川龍之介『俊寛』「(流罪先の鬼界が島に妻子のある成経は)始終蒼い顔をしては、つまらぬ愚痴ばかりこぼしていた ...

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

俊寛 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ 俊寛 芥川 龍之介

Read more about 俊寛 芥川 龍之介.

4
5
6

Comments:
Guest
How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?
Guest

The trouble with car payments is that they sometimes continue running after the car does.

Guest
It's always a good idea to seek the advice of others, but that doesn't mean you have to take it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu