井上靖 育ち

井上靖 育ち

井上靖 育ち



はまるとクセになる井上靖の小説 井上靖(1907−1991)は、北海道生まれ静岡育ちの小説家です。歴史小説、現代小説、自伝的小説の3つを手がけ、死去した後である現在でも多くの読者に親しまれる作家で …

井上靖は明治時代の終わりに北海道の旭川で生まれましたが、軍医だった父親の転勤が多いため、両親の実家である伊豆の湯ヶ島の、どんな事情だったのか知りませんが、祖父母ではなく、曾祖父のお妾さんに預けられて育ちます。

「井上靖のものが、断然、他を大差に引放し、前回とはうって代って、委員会は、円満裡に、すぐ結論を出した。」「私と丹羽とが、「猟銃」を推し、他の委員は、みな「闘牛」を推した」「「猟銃」の場合、(彩子の遺書)は、蛇足のように思われる。

井上靖は北海道に生まれ、伊豆で育ちました。京都大学美学科を卒業後、毎日新聞社の記者の 傍 (かたわ) ら、昭和 22 年に小説『闘牛』、翌年『猟銃』を執筆し、『闘牛』で芥川賞を受賞。それを期に多忙な作家生活に入りました。

井上靖は私が最も敬愛している作家の一人です。初めて読んだのが思春期の頃。以来もう何度も反芻するように読み返しております。私の最大の思い出の作と「これこそが井上文学の妙だな」という推薦の書を紹介します。

井上靖 育ち ⭐ LINK ✅ 井上靖 育ち

Read more about 井上靖 育ち.

6
7
8
9

Comments:
Guest
There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.
Guest

Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.

Guest
If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.
Calendar
MoTuWeThFrStSu