デヴィッド ボウイ 三島 由紀夫

デヴィッド ボウイ 三島 由紀夫

デヴィッド ボウイ 三島 由紀夫



三島由紀夫の「午後の曳航」がデヴィッドボウイ推薦図書にランクイン. ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で開催され、開館150年の歴史でも空前の来場者記録を打ち立てたデヴィッド・ボウイのキャリアを振り返る展覧会『David Bowie Is』。

三島由紀夫が1963年に発表した長編小説「午後の曳航」だ。親日家としても知られるボウイは、いくつものインタビューでフェイバリットのひとりに三島の名を挙げている。ボウイが70年代に描いた三島の肖像画も存在している。

2017/04/04 - David Bowie is... one of us の画像|In The Groove

デヴィッド・ボウイは三島由紀夫の事好きだったらしいですが三島由紀夫は同時代を生きていたらどう思ったと思いますか?ルーリードは読んでいたらしく、イギーポップは三島由紀夫を好きだっ たらしく、他にロック界隈が三島由紀夫について言及していた事ありますか? ボウイは、三島が ...

デヴィッド・ボウイの必読書トップ100: ... 「午後の曳航」 三島由紀夫 1963. The Fire Next Time, James Baldwin, 1963 「次は火だ-ボールドウィン評論集」 ジェイムズ・ボールドウィン 1963. A Clockwork Orange, Anthony Burgess, 1962

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)…90年代ボウイを回顧する。例えば、郊外のブッダ。あるいはブラック・タイ・ホワイト・ノイズDavid Bowie 1947.01.08-2016.01.10

デヴィッド・ボウイは本当に美しい。19枚の写真は語る 長年にわたって、このブリクストン生まれの風雲児は、音楽への貢献はもちろん、革新的 ...

今月25日で三島由紀夫の没後50年である。 三島由紀夫といえば「同性愛」のイメージがつきまとうが、その中でも『禁色』(きんじき)という作品は、同性愛をテーマにしながらエンターテイメント的にも非常に面白い作品である。 同性愛をテーマにした小説で、この作品ほどスリリングで ...

新潮社がお届けする『芸術新潮 2020年12月号』の情報 【特集】没後50年 21世紀のための三島由紀夫入門

 · 三島由紀夫は、本当にノーベル賞を取りたかっただろうか?来れば拒否するとも言ってましたから、恐らく欲しくもなかったと思いますね。だって与える主体を疑うのが三島流だから、そんなものを欲しい為に活動してたのじゃない。師匠の川端康成だって、《僕が貰っていいの?》なんて謙遜 ...

デヴィッド ボウイ 三島 由紀夫 ⭐ LINK ✅ デヴィッド ボウイ 三島 由紀夫

Read more about デヴィッド ボウイ 三島 由紀夫.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.
Guest

Peace of mind is not the absence of conflict from life, but the ability to cope with it.

Guest
Some people treat their religion like a spare tire--they never use it except in an emergency.
Calendar
MoTuWeThFrStSu